クリケットが着実に上手くなる戦略【ダーツ】

クリケット

結論

0マークになる失投をいかに減らせるかがポイントです。トリプルに入れたり5マーク以上のアワードは演出も音も派手でテンションもあがり、相手へのプレッシャーも十分にありますが、それが出るのがたまにでは意味がありません。

Aフライトになる前の伸び悩んでいる時期の人は考え方を一度変えてみることをおすすめします。

MPR(マーク・パー・ラウンド)が2.8以上あればAフライト相当のスタッツになるので、シングル3本を毎回キープすれば達成できます。たまに出る5マークよりも毎ラウンド3マーク・4マークをキープされる方が、派手な演出のように即効性はありませんが相手のメンタルに蓄積するプレッシャーはボディブローのように遅効性を持って大きくなっていきます。

自分よりレーティングが高い人との対戦で勝つジャイアントキリングは起こりにくいですが、着実にグルーピング力は高くなりレーティングに直結します。

クリケットのルールの本質

20~15とBullを使った陣取りゲームと表現されることが多いですが、その陣取りゲームの本質は「相手にとってしてほしくないことを如何にできるか」です。

お互いに各ラウンドで投げることができるダーツの本数は3投と決まっています。3投しか手を打てないのに、それが2投、1投に減っていったらどうでしょう。戦略の幅は狭くなり、焦り、力み、入らなくなる悪循環に陥って、本来の実力は出せなくなるでしょう。

投げづらいプレッシャーのかかる状況をなるべく相手に押し付けて、自分は常に優位に立ってゲームをコントロールする。この戦略が理想的です。

攻守のセオリー

攻撃と守備とラウンド毎に分けて考えていることに心当たりはありませんか。1ラウンド3投しかないとはいえ、3投も手を打てることに違いはありません。

1ラウンドで「たたかう」「まもる」「回復」の全部の行動を取ったっていいんですね。クリケットでは「オープン」「クローズ」「プッシュ」の行動がありますが、よほど追い詰められている場合以外は行動を2つ組み合わせて投げることをおすすめします。

ところで、3投の中で一番プレッシャーが大きいのは何投目か考えたことはありますか。最後の3投目です。この考えを前提としておすすめするセオリーを1つ紹介します。

「オープン(クローズ)」+「プッシュ×2」

1投目のオープン(クローズ)で狙うのはあくまでもシングルです。この方法だと3ラウンド目で新たに自分のナンバーをオープンしたり、相手の持つナンバーをクローズすることができます。嫌らしいおすすめポイントは、1ラウンド目2ラウンド目と着実に相手のナンバーのクローズが進むと、相手は次のラウンドでクローズされるかも知れないというプレッシャーが圧し掛かるところですね。

こちらはプッシュを多めにしているので少なくても得点差の現状維持はできますし、相手の得点よりも自分の得点の方が多い場合は、相手の1投分をプッシュに使わせることができて結果的に相手が取れる行動は2投分に減らすことができます。相手の得点と上回ることをオーバーと言いますが、このオーバーをしておくことがとても重要ですね。

シングルの投げ分け

紹介したセオリーだけでもスタッツ自体は上昇していくでしょう。シングルを確実に狙える力はかなり強力です。同じナンバーにグルーピングできる能力と違うナンバーのシングルを狙える能力は別物ですが、どちらも思い通りにダーツを投げることができていないと出来ません。

まず目標にしていただきたいグルーピングの範囲があります。

Bullを狙って投げたときにオレンジ色の円周辺にダーツがグルーピングできるようになりましょう。17にも同じ大きさの円を描いてみましたが、円の中心、赤線の交点を狙うことでシングルエリアのほとんどをカバーできることになり、そのエリアにはダブルも入っています。このダブルがキャッチで良い仕事をしてくれるので、ダブルを狙うのではなくキャッチでダブルに入ることもある=しっかり狙えていると考えるようにしましょう。

最初から赤線の交点を狙うのは難しいのでまずはシングルの中心を狙って投げる練習をして、十分にグルーピングえきるようになれば徐々に赤線の交点に近づけていきましょう。着実にクリケットのスタッツは上がっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました