肘を固定しなきゃダメなんて誰が決めたの?【ダーツ】

ダーツ理論

結論

肘がターゲットに向かって上下左右に動かないように意識して固定する必要はありません。練習のときに動かないように意識してできるようになれればそれに越したことはありませんが、そうすることによって二の腕の外側が痛くなったり、意識しすぎて投げられないようになるくらいなら意識しなくて大丈夫です。

肘が下がろうが開こうが毎回同じ動作ができているなら問題はありません。身体的な癖なので治すのは難しく、癖だからこそ同じように無意識に動作してくれるので矯正してまで直すのは非効率的です。

癖を自覚して受け入れてその癖のまま気持ちよく投げられるフォームを見つける方が建設的なので、他の部位や意識でカバーしましょう。

はじめてのダーツ

ダーツ雑誌やパーフェクト、ダーツライブのホームページなどでHow to ダーツという形式で基本的な投げ方を紹介していることがあります。どの紹介ページでも肘を起点に扇を描くように腕を引いている描写がされていて、肘を固定してなげているように見えます。

アドバイスをされた経験がある人であれば「肘は上下しないように固定して投げた方がいいよ」と言われたことが一度はあるでしょう。僕も同じように言うこともあります。

肘から先で投げられるならグルーピングの高さを合わせることが比較的容易になり、教える側としても機会点が減り見るべきポイントを他のことに移すことができて教えやすい側面もあります。あまりにも腕全体の動作が大きすぎると何から改善した方が良いか見当を付けるのが難しいですね。

教えられる側としては、人生でやったこともない「肘の高さを固定して投げる」という動作が急にできるものでもなく、変に意識しすぎてしまって逆に投げられなくなってしまうことがほとんどです。最初から小難しく考えて投げたい人は少数派ですね。

しかしやはり初めから肘の高さを変えることなく投げられる人もいることは確かですし、できるならそうした方がお互いにメリットがあると考えているのでとりあえずトライしてもらうことにしているというのが心情ですね。

肘を固定するメリットは

「肘」という部位は当然ですが身体の関節の一つになります。手首と肩関節をつなぐ部位であり投げるという動作に大きな影響を与えることができる部位です。ダーツという小さな物を投げて直径4㎝ほどの的に当てるためには、肘が動くという動作は影響が大きすぎてしまい誤差が大きくなりがちです。

肘の高さを固定して肘から先だけの動作で投げることができればそれだけ影響を受けずに済むということになります。これは見逃せないメリットですね。ダーツを「投げる」というよりは「飛ばす」感覚に近づけると思います。

ですが、その固定することに大きな精神的なエネルギーを注いでしまうくらいであれば意識することをヤメてしまいましょう。肘があまりにも大きく、バレーボールを投げるときのように上下左右に動いてしまうのは改善した方がいいでしょうが、それほどでないなら心配はありません。投げる練習という投げる動作をくり返し行うことで身体が勝手に最適化してくれて、上下左右に動く幅はほぼ同じになりますし、肘以外の要因でも修正力が働いてグルーピング力はしっかり上がっていきます。

肘が開いてしまうことに悩んでいる人

「肩と肘をまっすぐにしてターゲットに向けて構えられない」と悩んでいる人もいますよね。身体が窮屈だったり違和感があったりするから、肘を開いて構えた方が身体が楽な人ですよね。

そのままでいいんです。ダーツボードの高さもスローラインまでの長さも競技規定で決まっていて変わることはありませんから、同じ環境化で直径4㎝的を狙うの反復練習の過程で身体が勝手に同じ角度で肘を開いてくれるようになります。

わざわざ自分が苦しい投げ方をする必要はありません。現時点では苦しい投げ方と感じても将来の時点では特に苦しく感じなくなることも変なことではなく自然なことなので、その時にフォームをマイナーチェンジすることもできます。

肘の固定についての結論

最初からできるならそれに越したことはないですが、特にそうしなければいけない理由もないので気にしない。

肘を固定して投げたい人もいるしそうでない人もいるので、頭ごなしに「肘が動いてるから入らないんだよ」とか「肘の動きなんて気にするだけムダ」と言ってくる心無いことを言うのはヤメましょう。

両方の事情やメリットを押さえた上で「この人のダーツ理論はそうなんだな」でいいですよね。わざと議論して楽しむことはあれど喧嘩することじゃない。自分がそうやって投げようと決めて入ると思い込むことでもグルーピングの精度は上がります。楽しく切磋琢磨して楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました