考えるのは投げ方だけ?【ダーツ】

練習方法

結論:「何でもいい」とはいえ…

ダーツの投げ方に迷ってて「ダーツ 投げ方」で検索して調べてみると、腕の振り方、前足の向き(スタンス)、○○フィンガー、その組み合わせで投げ方は何パターンもあるから結局何でもいいと書かれていて自分で決めることができない人。

本当に「何でもいい」ために抑えるポイントが分からないから困ることになるんですね。「何でもいい」までの道のりを解説します。

「重心」が自分でわかるか

棒状の金属を狙った的に向かって投げるスポーツがダーツです。物を投げるときに重要なのは、その物体を指一本で支えたときに両端が水平になって釣り合う重さの中心=物体の「重心」です。

この重心がどこにあるのかが自分で分かるようにならないと、いつまでもバレルの握り方で迷ってしまい投げやすい握り方なのかそうでないのか迷走するハメになります。

まずは人差し指一本でダーツを支えてみましょう。このときバレル単体だけでなくティップ(先端の刺さる部分)とシャフト(フライトとつながる棒)、フライト(後ろ側の羽が4枚ある部分)を組み合わせた状態で行ってください。

人差し指の先端、爪付近で支えるときと指の第一関節で支えるときではどちらがより安定しているでしょうか。ほとんどの方は第一関節だと答えるはずです。重心というのは物体の一点でつり合い支えることができますが、重心点から左右に向けて均等に支えてあげることでより安定して支えることができるようになるからです。

何本の指で支えてるのか

○○フィンガーというのは何本の指でダーツを支えているかの名称ですが、ここでは2パターンしか解説しません。大きく分けると2本指で持つか3本指で持つかに分かれるからです。

2本指で持つパターン

重心を左右から挟んで持つ握り方がベース。さらに3本目、4本目と追加していくとそれぞれ3フィンガー、4フィンガーとなります。重心を持っている親指と人差し指がメインとなってダーツに力を加える握り方。

親指で重心を持ち、人差し指と中指が重心に対して左右対称を位置を持つ握り方がベース。こちらも指の数を増やしていくことで○○フィンガーとなっていきますが、2フィンガーは物理的に無理ですね。

ダーツを支える指は何本でもいいですが、基本的にはこのどちらかの握り方がベースになっています。もちろんこの基本とは違うテクニカルな握り方をする人もいますが、親指とその他の指が左右から加える力は均等になっていて重心の位置を理解して投げているはずです。

指の数が増えるとなにが問題なのか

片手で投げる都合上指の数は最大で5本で支えることしかできませんが、指の本数は何本がいいのか迷いますよね。支える指が増えれば安定感が高まるように感じられますし、少ないとグラつきそうで不安。

ダーツを指で固定して上下左右にブレないようにして投げたいという気持ちがでてしまうんですね。

指先は人体で最も繊細に動かすことの出来る部位ですよね。ほんの少し力を入れて投げただけで狙いから大きくハズレてしまうダーツにとってこれは致命的です。

指の本数を増やすと、それだけ指がダーツに干渉するリスクが高まるということになります。ひっかかったり、離れなかったりと自分の思い通りにならないことがよくあります。

プロ選手に2フィンガーが多いという人もいますが、そんなことはないでしょう。個々人の定義によるので否定するわけではないですが、3フィンガーか4フィンガーが多いのが実情であり2フィンガーは珍しいですね。

理屈の上では投げられるならば2フィンガーが最もリスクが小さいと言えますが、しっかりと重心を意識して投げることが要求されるので難しい握り方ともいえます。

指で投げるわけじゃないから「何でもいい」

握り方については自分が安心できるもので、なるべくシンプルなものがいいです。個性的な握り方をしてもあまり効果的とは思えないですね。

さて、握り方について説明しましたが、この握り方で「投げる」わけではありません。指の力だけでは投げられないので腕の力や振りの勢いを活用して「投げる」のであって、あくまで指は「離す(リリース)」だけです。

離したいポイントでしっかりと離せることを目的としているので、それがクリアできるならどんな握り方でもいいですね。

このように考えて結局は「何でもいい」という結論に落ち着くことになるので、悩んでいる人はなるべくシンプルな握り方を試してみてください。当然、最初は握り辛く、投げづらく感じますのでコツコツ練習しましょう。ダーツでいきなり上手くできることはあまりないので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました