ダーツの飛びに悩んでもしょうがない!飛びの仕組みと飛ばし方!

おはようございます、ふぃるです。

今回はダーツにおける「飛び」についてのご紹介となります。

ダーツをやったことがある人は、大半の人が経験したことがあるはず。

「ダーツがふらふらしながら飛んでいくんだけど!ww」「ダーツボードに刺さる直前、羽が盤面に当たりそうだったwwでも何故か刺さったわ!ww」

どうですか?思い当たる節はありませんか?もちろん筆者はありますよ。というか、最初はへろへろダーツでしたからね。BULLに刺されば何でもいいのですよ。を、地でいくスタイルでしたからね。今思い出しても無茶苦茶でしたね(笑

ダーツの「飛び」って重要??

さて、ダーツの「飛び」について、詳しく説明をしていこうかと思います。

飛びとは、ダーツが指から離れた後、ダーツボードに刺さるまでの空中姿勢のことと、その速度のことを複合して指している場合がほとんどだと思います。

ちょっとダーツをかじっている人で、よそ様に教えられるようになった時に口をついて出てくる単語No.1の座は揺るがないでしょう。ウェブサイトでブログを更新するようになった人がよくわからない人に説明するときにドメインが~、というくらいには口をついて出てくるでしょう。

その場合だと、感覚的に「ダーツの飛び方」について指していることが多く曖昧な指摘になり結局はよくわからないけど上手くはいってないんでろうな~くらいの認識になってしまうことが多いと思います。

筆者としてのダーツにおける「飛び」の認識としては、前述したように「ダーツボードに刺さるまでの空中姿勢」と「その速度」の2つの分野に分かれているように考えています。

細長い物体を投げるわけですから、先端と後端が目標に向かって一直線になっていることが理想なわけです。しかし人間のする『スポーツ』ですからそれには技術が必要になります。棒状の物体に左右から同じ力を、同じ力点に加えて投げることができるようになればいいのです。

これこそが以前の記事で記述した、グリップの指の本数=リスクである。という筆者の持論に通じることになるのです。指の本数が増えれば増えるほど、『同じ力』を『左右均等』に加えることが難しくなりますよね。

どうしても指の本数が多い方に力が偏ってしまったり、逆に親指に力が加わりすぎてしまったり。指が触れている面積も指の本数分違いますから、面積あたりにかかる力を左右等しくなるように投げるなんて至難の業ですね!

小難しく述べてみましたが、人間って実は以上のような複雑な力学的演算を感覚で賄ってしまえるんです。「こんな感じかな?」って考えることすら必要ないんです。実際に、こう考えてダーツを持って投げている初心者の方は少ないと思いますし、上級者の方でも気にしたことないって人が以外と多いと思います。考えなくても「まっすぐに投げる為にはどうすればいいか」を脳みそさんが勝手に調整してくれるんですね。

「飛び」の練習の仕方って何かあるの??

感覚で上手く調整できる人は、むしろ特に何も考えなくても勝手に飛びがキレイになっていくことが多いです。筆者はできる人派閥ではなかったので、結構苦労しましたね(笑)むしろ最近まで山なりのへろへろダーツでしたから!

さきほど解説した「空中姿勢」の他に「速度」も飛びに関係してきます。

驚くことに!上手くなったという自信がつくと自然と投げるスピードが速くなり飛びが改善されていくんです!勝手に飛びがキレイになるメカニズムはここにあるかも!

理屈派の筆者はこう考えて練習してきました。

腕からダーツに伝わる運動エネルギーにロスがなければ飛びが良くなる

これも事実でしょう。そうったらそうなんです。

『腕の引き方』『腕の出し方』『指を離すタイミング』『フォロースルー』

これら全てのタイミングが『棒状の物体の左右に運動エネルギーが分散しない様に』マッチさせることができれば飛びは飛躍的に改善されます。

これらを概ね満たすことの出来る練習方法がこれです!

遠くから投げる。以上。

いえいえ、馬鹿にはしてませんよー。

遠くから「いつものスローラインから投げる様に」ダーツボードに当てるのは、やってみると意外と難しいですよ!

刺さった後も重要ですね。大きく左右にズレていたり、盤面の下部ばかりに当たっていたりすると、それは上手く飛んでいない可能性が高いです。

キレイに運動エネルギーが伝わっていてまっすぐに投げられているならば、盤面の半分から上に縦ズレで刺さるはず(もしくはグルーピングできているはず)です!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

意外と難しい、遠くから投げる!

是非とも一度はこの記事を思い出してチャレンジしてみていただいきたいですね!

それでは!またこちらでお会いしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする