毎回コツコツ!狙いが上達するダーツの練習方法を紹介!

おはようございます!ふぃるです!

今回は、ダーツって上手くなるコツってあるの?という質問をよくされるので、その疑問に少しでもお答えできればと思います。

結論から申し上げます。「数ゲー」だと、筆者は思っています。

数をこなせば自ずと上達していくゲームの種類のことを数ゲーだなんて言うこともありますよね。あれです。

毎回敵の出現パターンが決まっているだとか、攻撃パターンが一緒だとか、罠の配置が同じだとか、髭の立派な配管工が活躍するゲームと同じです。

じゃあ同じ時期に始めたのにアイツと僕じゃ実力に開きがあるのはなんでだ!ズルいぞ!

そんな方々の疑問を解消していきたいと思います。

ダーツで上達するために必要なことって?

ダーツもスポーツです。ちゃんと上手くなりたければ練習するしかありません。当たり前ですね。

でも練習ってなにすればいいの?何回も投げに行ってるけどなかなか上手くならなくて、諦めかけてるアナタ。その練習方法、間違ってるかもしれませんよ!

練習で気に掛けることは3つあると思います。

『立ち方』『持ち方』『投げ方』

立ち方 :スタンス

ダーツの的に向かって投げる時の、つま先の向きや姿勢のこと。大きく分けて3パターンのつま先の向きがありますが、ダーツ台に向かってつま先を向けて立つのが「オープンスタンス」。台に向かってつま先を真横に向けて立つのが「クローズドスタンス」。その中間くらいの向きが「ミドルスタンス」。

細かく言うと、足に掛ける重心の場所や配分なども含めて考えますが今回は割愛。

持ち方 :グリップ

ダーツ本体を持つ、指の形や本数のこと。2本~5本の指でダーツを掴んで投げることになりますが、基本的には指の本数が「増える」ほどダーツに余計な力が加わるリスクが「増え」ます。なぜなら、人間の指は信じられないくらい精密な動きを可能としている反面、無意識下でのコントロールが難しいことがあげられるからです。

投げ方 :スローイング

的に向かって投げる際の腕の動き方。もちろん、これと決まったものがあるわけではなく「自分が投げ易い、狙った場所に入りやすい」ことが重要ですが、一番わかりやすいものをご紹介。

まっすぐ腕を引いて、真っすぐ腕を振り、毎回同じタイミングで指を離す。

これに尽きます。

これらを全部含めて「フォーム」と呼ぶことが多いです。

上達をするために必要なことは、このフォームを繰り返し反復して練習することなんです!

フォームってどうやって決めるの?

お好きなものをどうぞ。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・。

いえ、決して馬鹿にしているわけではない。

ないったらない。

ダーツの魅力として1つ。

【自分が良いと思ったものが、その人の正解。】

だと筆者は思っているんです。命題は正しいフォームを身に付けることじゃあ、ないんです。

狙った場所に入れられるかどうか、が命題なんです。狙ったように入るならそれで正解なんです。

ただし、毎回同じフォームで投げる練習しましょう。

つま先から頭のてっぺんまで、毎回、同じ動作ができるように練習しましょう。

これが筆者がダーツを「数ゲー」だと言わしめる大きな理由になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フォームは誰に決められることもない、自分だけのものです。誰かのマネから入ることもいいでしょう。入るようになる頃には自分なりのアレンジが加わってオリジナルになります。

どうです、素敵でしょう。

実は、頭の良い方々が、つま先の向きとその重心の掛け方によってオススメの投げ方というのもあるようです。(ちょっと勉強しましたが大して覚えてない)

気になる方はちょっと調べてみるのもいいかもしれませんよ!

今回は以上になります。御覧いただきありがとうございました!

また、ふぃるのダーツブログでお会いできますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする