ゼロワンで考えるべきこととは!対人対戦の重要性!

おはようございます、ふぃるです。

今回はゼロワンをプレイしているときに考えるべきこと!1人で練習しているときにも、どなたかと一緒に対戦しているときなどでも、重要視するべき考え方をご紹介していきます!

筆者はそもそも、ゼロワンが大の苦手です。。。かれこれダーツ歴も10年近くなりますが、いまだに苦手意識が拭えなくて、日々悪戦苦闘してます。。。

むしろこんな記事を書くような立場にはないような気もしますが(笑)

それもでもフェニックスでレーティング14(Aフライト相当)を5年間保持している筆者が、下手なりにも常日頃から考えて実践している、その隠された本質を紹介していきます!

対人戦とひとり練習の違いについて

1人で練習にいってもだいたいカウントアップやって終り~、という方は、実は、とても多いと思います!

練習中にゼロワンをするっていう方は少ない。なぜか。カウントアップの方が高得点を獲ってやったという達成感がる!これに尽きると思います。もちろんゼロワンにはゼロワンの素晴らしい達成感があると思います。でも難しいんですよね、実際。その達成感を得るのって。

いわゆる玄人向けといいますか、ある程度実力がついた状態で「難しいアガリ目を自分の狙った通りにアガれること」みたいなことが要求されるわけです。前提の部分ですでに初心者向けでないのがわかるってもんですね(笑)

さて、対人戦とひとり練習の違いについてですが、これは明確に違うものだと明言させてもらいましょう。ええ、違うったら違うんです。

それぞれにメリットがあるのでご紹介していきますね!

・対人戦のメリット

自分の知り合いと一緒にいく、お店の店員さんと一緒にやる、はたまた今日はじめましてのお客さんに対戦を申し込まれた!なんてこともあるかもしれませんね(笑)

練習と違って必ずしも自分のペースで投げられるわけではありませんし、初心者のうちは「下手っぴで相手に申し訳ない。。」と謎のプレッシャーに襲われることも多々あります。

だが、それがいい。

どれだけ自分のペースを相手に押し付けられるか。

勝ちたい!上手いところを魅せたい!というプレッシャーの中で実力を発揮するメンタルを養う。

これこそが対人戦のメリットだと筆者は思うんですねー!

・ひとり練習のメリット

ひたすらブルを狙って一心不乱。フォームのチェックやマイナーチェンジ、アガリ目の研究。誰にも邪魔されないで小さな達成感と自信を積み重ねていく。

ストイックにダーツをする人にはたまらんですな。(笑)

どちらにもメリットがあって、そのどちらも必要なものだと思います。

筆者はひたすら練習あるのみ!他人、対戦なんぞ知らん!っていうスタンスで自己満足だけが先行してしまっていましたし、今でこそ必要なプロセスではあったかな~とは思いますけれど。それでも対人戦はとても重要なことだと思っています。ダーツ=メンタルスポーツと言われるくらいなので、メンタルを鍛えておかないと対戦したときに心がぽっきりいっちゃうんですね。

ゼロワンで考えるべきこと

隠された本質。。。それは、

相手の点数は見ない。普段の自分のペースを相手に押し付けつつ、自分の内面と向き合って練習の成果を発揮することに集中する。

対戦相手はそりゃあ騒がしくしてくれますよ!ズキューン!バキューン!ドドドドーン!

そんなことは知ったこっちゃないんです!先にアガられたって気にすることないんです!

無茶苦茶言ってるな!とお思いでしょう!そんなもんです(笑)

勝てるときは勝てる、負けるときは負ける。プロの試合で賞金がかかっていようとも、まず自分の実力以上のことは起きないんです。偶然を引き寄せるメンタルがあるだけなんです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ダーツをする上でメンタルが以外にも重要なんだな~と思ってもらえていれば幸いです。

今回は以上になります。またこちらの、ふぃるのダーツブログでお会いできることを楽しみにしております。御覧頂きましてありがとうございましたー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする