家で練習したい?家庭用ダーツボードって必要?

練習方法

新型コロナウィルスによる感染被害の拡大を阻止するために緊急事態宣言があったため、いつもダーツバーやインターネットカフェで練習していたダーツプレイヤーは投げ場をなくしてしまっている状況ですね。

一線級のプロプレイヤーですら僕たちと同じく投げ場を無くしてしまい、ツアーも延期、大会も延期、イベントも中止、急に練習する場も機会もなくなってしまって困窮しているでしょう。

なるべく自宅から出ないようにしつつダーツの練習をするために、家庭用ダーツボードを購入する人が増えすでに各種ダーツボードの販売在庫が品薄になってきているようですね。

ダーツが出来なくて腕が鈍るかもしれない。投げ感が無くなってしまうんじゃないか。そう思われて家庭用ダーツボードの購入を検討する人もいるでしょう。そんな人はダーツボードを買うことで満足して終わってしまわないように、少しだけ僕の見解も聞いてください。

結論

ダーツボードを買って部屋に設置してまで家で練習できる人の多くは、今のような現状になる前から日常生活の中でもダーツの事を考えている人だったと思います。仕事中に気が付いたらボールペンでグリップの確認をしていたり、素振りしていたり、ごみ箱に向かってキレイなフォームでスローしていたり。

始めたばかりで練習がしたくてしたくて堪らない人とか、伸び盛りで今の感覚を忘れたくない人はやはり少しでもダーツボードに向かってダーツを投げたいでしょう。

買うならハード用のダーツボードを買うか、ハード用だけどソフトダーツのサイズと同じ規格のダーツボードを買う方がいいかもしれませんよ。

実際、僕は部屋にダーツボードを設置して投げていますが、外出を控え始める前まではそこまで活用はしていませんでした。ダーツに対して少なからず愛情や熱意を持っていると自負していますが家で練習するのはほんの少しだけで、ふとした時にフォームチェックの為に3スローだけしたり、忙しくてダーツが出来なかった日の終わりに8スローだけしたりするだけでした。

そんな少しの練習の為にアプリを起動してスコアを付けるのも正直面倒くさかったですし、アプリを起動している待ち時間に投げる気が失せてしまうような気がしてほとんど起動しなかったです。グランボード´(ダッシュ)というダーツボードを持っていますが、友達とインターネット通信対戦ができるから買ったところもあったんですが、なかなかタイミングも合わず、また、自分が人にタイミングを合わせるのが苦手ということもあり実現には至っていないのが現状です。

いつもソフトダーツをしているからソフトダーツ用のダーツボードを買う方が良い。当たり前のように感じられるかもしれませんが、あなたはいつも何が楽しくてダーツをしているんですか?

ダーツの投げ友達と競いあったり、褒め合ったり、わいわいするのが楽しくてダーツをしている面もあるんじゃないですか?僕はそうです。投げ友達と楽しむために一定の上手さ・強さが必要だから腕を鈍らせたくない、友達とハイスコアを喜び合いたいからダーツがしたいです。

純粋にダーツを投げる腕の動き・指離れの神経の感覚をより洗練させるための反復練習をするために部屋にもダーツボードが欲しいのでない限り、ソフト用のダーツボードの購入はオススメできません

ソフト用のダーツボードは部屋に設置するとダーツボードにダーツが刺さった時に大きな音がしますし、思ったよりも強い振動が壁や突っ張ている天井・床に伝わります。アパートやマンションに住んでいる人は音や振動による近隣住民への配慮が原因で投げなくなる確率が高いからです。一軒家に住んでいる人でも、一緒に住んでいる家族の理解が無ければかなり難しいでしょう。

部屋にダーツボードを設置する目的は、

あくまで腕の振りの確認だけを毎日したい、投げ感だけ確認したい、得点に関係なく投げたい

というような、対外的要因によるダーツ意欲でなく内面的なダーツ意欲で投げられる人が良いと思います。もちろん購入するのにもお金がかかりますし、本当に必要な人でいない場合は部屋のインテリアになってしまうのでもったいないです。部屋の専有面積的にも。

なおかつ、ソフトボードとか比べ物にならない程に静音であるソフト規格のハードボードで、ソフトダーツ用ティップと重さが変わらないようにカーボン製のコンバージョンなどを装着して投げると良いかな、と。

コメント

タイトルとURLをコピーしました