どこのお店からエントリーする?【ダーツの大会へ参加したい】

雑記

結論

お店が大会へのエントリーを代行してくれるのはもちろんそれなりにメリットがあるからです。

ダーツの大会ではプレイヤーが試合のために呼ばる際に「○○(店名)からエントリーの~~(選手名)さん」という具合に、スピーカーを通して会場全体にエントリーしたお店の名前とプレイヤーの名前が呼ばれることがあります。

大会で入賞できるレベルの実力になると、床から一段高い位置にある壇上ステージで試合をすることも増えてその際に必ず同じように店名とプレイヤーの名前が紹介されます。

大会にエントリーしたからにはお店のポロシャツやTシャツなどのゲームシャツを着て大会に参加したくなる気持ちが湧くかもしれないし、大会に向けて自分のお店で練習してくれるかもしれない、そういったいわゆる『広告効果』があるためにダーツバーで大会へのエントリーを代行してくれるんですね。

あなたには自分が推したいと思えるお店がありますか?

結局はそういった愛着のあるお店からエントリーするのが一番楽しく大会を満喫できると思います。それでも悩むのが人情というものなんですが。

マスターから頼まれたから、あのお店とこのお店の仲が悪いから、そこの店員と向こうの店員の気が合わないから、ペア組みたいけど違うお店からエントリーするとお店のマスターから嫌われそうだから…。

お店側の気持ちも分かりますが、基本的にはプレイヤーファーストの対応を心掛けてほしいですよね。アルバイトをしている、スポンサーになってもらっているなどお店に関わっているプレイヤーは自分が関わっているお店からエントリーがしたくてそのお店にいます。そうでない人も自分がエントリーしたいお店からエントリーすればいいんですが、大会のエントリー用紙が来た時点でプレイヤー側にどこのお店でエントリーするか迷われていること自体がすでに準備不足だと思います。

日頃からプレイヤーファーストを心掛けて接していればおのずとプレイヤーはお店に愛着を感じるものですし、ペアが見つからない人がいるなら率先して他のプレイヤーとマッチングする努力をするなどしていれば迷われることもないはず。

少なくともエントリーするかどうかをプレイヤーに聞いた時点で、ペアが見つからないようなら相談に乗ることができるという姿勢を伝えておくホスピタリティがあればプレイヤーだけで悩むことはないでしょう。

そういったホスピタリティの高い営業努力をしてくれているお店なら、ある程度打算が透けて見えていても不満に思うことは少ないんじゃないでしょうか。

大会があるってどうやって知るの?

大会へのエントリーは大会開催地域近隣のダーツ関連店ですることができます。ダーツバーやダーツグッズのショップですね。僕の住んでいる北海道の道東地域であれば、同じく道東の釧路や道央の旭川、道南の帯広で開催される大会の告知ポスターがお店に貼り出されますね。北海道ダーツフェスティバル【HDF】やダーツライブオープン【DLO】などの札幌で開催される大きめの大会なども同じようにポスターなどで告知されます。

毎年参加している大会などはホームページやSNSで情報が回ってきてポスターを見るまでもなく日時を知っている人もいますが、基本的に僕はまだポスターなどで大会の存在を知ることが多いです。

僕自身も去年からやっと大会に参加し始めたので、大会へのアンテナはまだまだ未熟なので今年はアンテナ張り巡らせて強化していくつもりです。

ダーツライブやPERFECTのプロツアートーナメントに併設されるアマチュア部門の大会だと、年間のスケジュールが発表されていて参加もしやすいかもしれません。今年は1回くらい道外の試合に参加したいですが、3/15時点では直近の試合が延期になったりしているので、今年の大会はどうなるかまだ見通しが立たない状態なのが残念です…。

大会へのエントリーってどうやるの?

「どこのお店からエントリーするか」ですが、まずはそのお店である程度投げた経験があること、もしくは、そのお店で大会にエントリーする際のレーティングを算出するために数ゲームプレイすることが前提になります。

レーティングを算出するためにゼロワンとクリケットをそれぞれ3ゲームほどプレイして、その6ゲームの平均スタッツ(成績)をエントリー用紙に記入して申請します。

その時に今の実力が十分に発揮できていなくても、大会でも同じように発揮できない可能性もありますし、逆に大会ではいつもより調子が良いということもあります。あくまで目安の参考値なのであまり気張らずに、自分が持っているカードのレーティング通りにならなくてもそのまま申請するようにしましょう。

エントリー締切まで時間が無くてレーティング算出するためにお店に行く時間がない、ということもありますよね。そういった場合は自分がいつも行っているお店の店員さんに相談して、カードレーティングで申請することもできます。これが全く行ったことのないお店だった場合、あなたの投げている姿を見たこともなければどういった人間なのかもわからない状態で、本人の申告通りにエントリーシートに記入して申請してしまうと虚偽申請にあたってしまい最悪の場合大会への参加が禁止されてしまう場合があります。

あなた一人だけが大会への参加が出来なくなるのであればまだいいですが、そのお店からエントリーする他のプレイヤーの人達も参加不可になってしまうことになるので十分に気を付けましょう。

大会のマナーってなに?

大会中のマナーや暗黙の了解ってあるんですか?と聞かれることもありますが、実は多くは大会参加の募集要項に載っていることが多いです。

暗黙の了解なんて思われていますが、野次や罵声は大会規定で禁止されていますし試合中の選手へのアドバイスなども明確に禁止されています。ダブルスのペア同士がターゲットナンバーを言ったりアレンジナンバーを指定するなどお互いにアドバイスすることは問題ありません。

試合の流れも、試合のコールをするコントロールがどこにあるかも、対戦相手が来ない場合どうしたらいいかも、試合中のマシンアクシデントがあった場合の対処も、要項に記載があったり開会式で説明されるので注意深く聞いていれば特に問題ありません。

そうはいっても心配は拭いきれません。大会募集要項に目を通した上で、他の大会参加経験のあるプレイヤーと一緒に大会へ参加することをおすすめします。

できれば大会へのエントリーを代行するお店にも、エントリー締切した時点で説明会のようなものを企画してもらい大会参加者を集めて会場での振る舞いなどの講習をしてくれるとなお良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました